看護師の給料アップ大作戦!

看護師のお給料ってどうやったら上がるの?
看護師の資格をお持ちの皆さん、ご自分のキャリアはどのように積み上げられていますか?大きな病院で働いている看護師、美容エステで働いている看護師、街角のクリニックで働いている看護師、看護師の職場は数限りなくあります。そんななかで、実際自分に対して適切な給与額っていくら位なのかを考えなおしてみてください。

 

そもそも看護師の給料って高い方なの?

 

看護師の給料は決して高くはないですが、安定しています

世間一般的には、看護師の給料は高いものというイメージがあるようですが、実際は、病院や経験によって違いますが、1ヶ月あたりの総支給で30万円〜40万円ほどで、色々と引かれると、手取りは27〜30万円くらいになります。外来を除く看護師のほとんどが夜勤をしていますが、夜勤を入れてもこのくらいの給料になります。

 

施設勤務だと、介護士と一緒に働く事もあり、同じ仕事をしている介護士よりは、10万円近く給料は良いです。一人暮らしの人なら十分に足りるかもしれません。ただ、私は家庭もあって、子供達を養っていかなければならないので、もう少し給料が上がると良いなと常に思っています。

 

病院の稼ぎから支払われる給料の多くは、医師に流れていて、医師は月100万円くらい支払われていますので、看護師は半分以下です。

 

アベノミクスで景気が良くなっても、工業と違って医療は特に恩恵を受ける事はないので、給料のアップは見込めません。所得は上がらず、税金だけあがるので理不尽にさえ感じています。

 

看護師のメリットは、景気に左右される事がなく、医療は決して衰退することはないので、絶えず患者がいます。そのため、安定して給料を得る事ができます。残業代もしっかりでるので、サービス残業はないし、ボーナスも年2回は出る所がほとんどでしょう。また、ある一定の期間で働きたいような事情がある場合でも派遣の看護師として働くという選択肢もあったりします。

 

ただ、勤務自体はきつい事もあるし、休みの日に勉強もしていかなくてはならないので、一概に給料が良いとは言えません。